7月の求人倍率1.08倍に悪化

失業率は2.9%、依然厳しく

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省が1日発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.08倍で、1.11倍だった前月から0.03ポイント落ち込んだ。7カ月連続の悪化で、2014年4月以来、6年3カ月ぶりの水準となった。経済活動は再開されつつあるが、依然として新型コロナウイルスで厳しい雇用情勢が続く。

 総務省が1日発表した7月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント上昇の2.9%となり、2カ月ぶりに悪化した。非正規の従業員数は前年同月比で131万人減の2043万人で、比較可能な14年1月以降で最大の減少幅だった。