西海市が議案発表 災害復旧2億円超 定例議会、4日開会

©株式会社長崎新聞社

 西海市は8月31日、4日開会予定の定例市議会に提出する20億7100万円の本年度一般会計補正予算案を含む議案や報告など計34件を発表した。
 補正予算案では6、7月の大雨で被害を受けた農地や道路、河川などの復旧事業に計2億800万円。市内全17小中学校の音楽室と多目的教室にエアコンを整備する費用として1億1500円。森林を適正管理し、材木の有効活用に取り組む「未来につなぐ西海の森づくり事業」に1千万円を計上した。
 補正後の一般会計予算総額は約283億1200万円(前年同期比19.7%増)。
 市議会は同日、議会運営委を開き、定例会の会期を4日から23日までの20日間とすることを申し合わせた。

 主な日程案は次の通り。
 ▽4日=本会議(議案上程など)▽8~10日=同(一般質問)▽11日=同(委員会付託)、委員会(付託案件審査)▽14~17日=同(同)▽23日=本会議(委員長報告、採決など)