川辺川ダム効果に疑問も 豪雨検証委初会合 専門家ら熱帯びる議論

©株式会社熊本日日新聞社

 国土交通省九州地方整備局(九地整)と県が25日に開いた7月豪雨の検証委員会。2008年に蒲島郁夫知事が表明した川辺川ダム建設計画の白紙撤回をきっかけに「ダムによらない治水」を検討してきた同じ顔触れだが、被害の大きさを前に、川辺川ダムの治水効果を検証する場のような様相に。オンラインで傍聴した河川工学の専門家からもさまざまな声が上がった。

 今回の人吉地点のピーク流量は毎秒8千トン-。九地整の大野良徳・河川調査官は「速報値であり、今後精査する」としつつ、市房ダムによって7500トン程度に減り、さらに川辺川ダムがあれば、「4700トン程度までピーク流量を軽減できた」と説明した。

 ●数字の根拠

 数字の根拠について大野調査官は「シミュレーションした結果だ」と強調。球磨川や川辺川流域の観測雨量、浸水跡による水位調査などに基づく数字だという。ピーク流量をカットしたことで、どの程度被害を軽減できたかについては「次回の検証委で定量的に示す」とした。

 京都大防災研究所の角哲也教授も、川辺川ダムがあれば、ピーク時に人吉地点であふれた水の量を9割程度抑えられていたと推定。角氏は「国の試算も基本的には近い数値。ダムによる治水は一定程度以上の効果があったはずだ」と国を後押しする。

球磨川豪雨検証委員会終了後、報道陣の質問に答える国土交通省九州地方整備局の担当者ら=25日、県庁(池田祐介)

 ●「限定的だ」

 「今回のデータだけを使った試算は意味が無い」とするのは京都大の今本博健名誉教授。

 人吉地点のピーク流量を、国の試算より500トン多い毎秒8500トンと推定。川辺川ダム計画のきっかけとなった1965年の豪雨の1・5倍に及んだとみる。「今回は主に球磨川本流の中・下流域に雨が集中した。他の支流からの合流量なども計算して人吉地点以外の流量の推移を見れば、ダムの効果は限定的だ」

 新潟大の大熊孝名誉教授も「計画通りの雨にしか対応できないダムは『不安定な治水対策』だ」と訴え、「川辺川ダムがあったとしても治水効果は限定的だった」と指摘する。

 大熊氏は、人吉市では7月4日午前7時ごろには球磨川本流の流量が毎秒5千トンに達し、既に水が堤防を越流して水害が発生していたと指摘。川辺川ダムから人吉までの距離を考えると、同ダムが治水効果を発揮する時間帯には既に被害が出ていたとした。

 ●全体バランス

 熊本大の大本照憲教授は、九地整が提出してきた資料を見て、「浸水の深さや面積ばかりに注目するのではなく、氾濫水の流速も重要だ」と提言する。

 今回の豪雨では、濁流に流されて亡くなった人や、家屋の流失も確認されている。氾濫時に橋が川の流れをせき止めて一気に水位を上げたとみられる点にも着目。橋の構造も検討すべきだとする。

 「じわじわと水位が上がる氾濫では電柱はなぎ倒されない。球磨川のような急流河川では氾濫の流速を検証しないと、被害の軽減へ適切な対策は議論できない」と強調した。

 京都大防災研究所の角教授も、今後の検証委について「川辺川ダムの効果だけに依存せず、市房ダムの機能強化や流域の田んぼなど遊水地の確保も組み合わせた全体バランスの中で議論をしていくべきだ」と助言した。(太路秀紀、堀江利雅)

熊本日日新聞 2020年8月26日掲載