災害対応に「ソナエル東海」発足

防災の日、Jリーグ6クラブ連携

©一般社団法人共同通信社

オンラインの記者会見で「ソナエル東海」への参加を呼び掛けるJ1名古屋の楢崎正剛クラブスペシャルフェロー=1日

 Jリーグの東海地区6クラブ(J1清水、名古屋、J2磐田、J3藤枝、沼津、岐阜)は「防災の日」である1日、南海トラフ地震などの災害に対応する社会連携活動として「ソナエル東海」プロジェクトを発足したと発表した。

 公式LINE(ライン)を開設し、6クラブのサポーターを中心に災害発生時の情報や防災知識を届ける。防災グッズの販売など各クラブ独自の活動も始める。元名古屋GKの楢崎正剛クラブスペシャルフェローは「日ごろから備えることが命を守ることにつながる。みんなで災害に備えましょう」とした。