阪神ファン「覚悟していた」

藤川投手の引退に惜しむ声

©一般社団法人共同通信社

記者会見で涙をこらえる藤川球児投手=1日午後、兵庫県西宮市

 1日、プロ野球阪神の藤川球児投手(40)が引退記者会見を行った。この日のヤクルト戦で、兵庫県西宮市の甲子園球場を訪れた阪神ファンからは今季限りでの現役引退を惜しむ声が聞かれた。

 藤川の背番号「22」のユニホームを着たファンも多かった。神戸市の大学生の男性(22)は「引退はそろそろかな、と覚悟はしていた。おとこ気のある選手。今までありがとうと伝えたい」と感謝を口にした。京都市の会社員太田隆公さん(59)は「藤川が出てきたら抑えてくれる、という安堵感があった。これからもユニホームを着てチームに残ってほしい」と期待を込めた。