熊本県内で新たに4人感染確認 新型コロナ

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県と熊本市は1日、新たに4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染者は計523人(うち熊本市228人)となった。

 このうち、八代市の40代の女性アルバイトは8月30日まで八代郡市の職場で働いていた。熊本市が確認した3人は中央区の20代男性と西区の30代男性、南区の50代女性。

 熊本市が8月31日に確認した感染者のうち、中央区の無職の20代男性は同17日に繁華街のバー2店を利用。中央区の20代の会社員2人は同25日、先に陽性が判明した20代女性とマスクなしで1時間程度会話していた。

 1日午前10時時点の入院患者は前日比9人減の66人(中等症15、軽症47、無症状4)。病床稼働率は2・3ポイント減の16・5%。ホテルでの宿泊療養は1人増の8人だった。(高宗亮輔、久保田尚之)