名曲喫茶 ライオン

©株式会社ライトアップ

昭和元年創業の老舗名曲喫茶

かつて街中にあふれていた喫茶店。
その中に名曲喫茶という業態がある。

1960年代ころにピークを迎えた業態で、当時まだ高価だったレコードを存分に楽しむために生まれた喫茶店だ。数は少なくなったものの、今も一部で人気を集めている。

レトロ喫茶の代表格とも言える名曲喫茶だが、その中でも渋谷・百軒店に居を構える名曲喫茶ライオンは別格の雰囲気を持っている。
創業は1926年、昭和元年にできた老舗中の老舗。
名曲喫茶という業態が増え始めたのが1950年ころとされているから先取りも先取りである。

会津生まれの初代店主・山寺弥之助氏が内装・外観・看板に至るまで全てデザインしたという店舗は、町田さんのイラストからも伝わるように、独特の重厚感を感じさせる。今の店舗は、戦時中の空襲で一度消失したあと、1950年に当時と全く同じデザインで再建されたものだそうだ。

名曲喫茶にも様々な音楽のジャンルがあるが、ライオンではクラシック音楽を流しており、好きな曲をリクエストすることができる。そして、座席はすべてバスのようにスピーカー側に向いている。また、15時と19時には店側が決めたプログラムが流れるという。クラシックのお供となるのは、創業当時から変わらず伝えられているブレンドで挿れられているコーヒーだ。
うまいコーヒーと、特注とも言われるスピーカーから流れるクラシック音楽に浸るひとときを過ごしたいものである。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)