全米、西岡がマリーに逆転負け

男子シングルスの日本勢は姿消す

©一般社団法人共同通信社

男子シングルス1回戦でリターンする西岡良仁=1日、米ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第2日は1日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス1回戦で世界ランキング49位の西岡良仁は2012年大会覇者のアンディ・マリー(英国)に6―4、6―4、6―7、6―7、4―6で逆転負け。

 ダニエル太郎はグレゴワール・バレール(フランス)に3―6、4―6、6―3、1―6で敗れた。添田豪は第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に6―7、1―6、4―6で屈した。杉田祐一はウーゴ・アンベール(フランス)に3―6、4―6、3―6で敗れ、同種目の日本勢は姿を消した。

女子シングルス1回戦でリターンする日比野菜緒=1日、ニューヨーク(AP=共同)