『CDTV』あいみょんの“雨中”演奏にギターを心配する声続出

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)pathdoc / Shutterstock 

8月31日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、若者から絶大な支持を得ているシンガーソングライター・あいみょんが登場。迫力のあるパフォーマンスを披露するも、なぜか視聴者はあいみょんより〝楽器〟に注目してしまったようだ。

今回の放送では、あいみょんをはじめ『いきものがかり』、『King & Prince』、上白石萌音、miwaといった豪華アーティストたちがゲスト出演。番組冒頭の「出張 ライブ!ライブ!」に登場したあいみょんは、〝雨〟が降りしきる横浜の夜景をバックに大ヒット曲『空の青さを知る人よ』を〝アコースティックギターの弾き語り〟で披露する。

続けてドラマ『私の家政夫ナギサさん』(同)の主題歌である『裸の心』も披露し、こちらはギターを外してマイクスタンドを握りしめながらしっとりと歌い上げたのだった。

楽器に対する侮辱?

2曲連続で自身のヒット曲を披露したあいみょん。しかし視聴者は、楽曲よりも〝雨〟が降る中でギターを弾くという演出が気になってしまった様子。ネット上には、

《あいみょんの歌が聴けるのは嬉しいけど、雨の中で楽器を粗末にした演出が気に入らない》
《裏方的には雨で濡れていく楽器と機材が気になってしかたがないけど(笑)》
《結構雨がすごい、楽器だいじょうぶ?》
《めっちゃ雨降っとるやん! 楽器ヤバない?》
《雨まあまあ降ってて、ギターが心配だわ》
《ギターが雨で濡れてるのを見るのは不愉快なのだが。代わりの演出とか考えれらないのかテレビは?》

などと、あいみょん本人ではなく〝ギター〟を心配する声が続出していた。

「ギターの本体は大半が〝木〟で作製されています。その性質から、ギターは雨に濡れると木が膨張して本体の形が変形することも。ネック部分が反ってしまったりすると、チューニングにも影響が出てくるのです。夏に行われる屋外フェスなどでは雨の中のパフォーマンスもお馴染みとなっているため、今回も〝多少の雨ならば〟と断行されたのでしょう。確かに演出としてはカッコいいのですが、視聴者が楽器を心配するのも当然かもしれません」(音楽誌ライター)

ちなみにあいみょんのパフォーマンス中、キーボードだけは室内で演奏していた。番組的にはアコースティックギターなどの電気を使わない楽器は濡れても問題ないという認識だったのだろうか。

【画像】

pathdoc / Shutterstock