菅野智之の“真の凄さ”はどこに? 82年前の大記録に挑む右腕を沢村賞右腕が分析

©株式会社Creative2

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

川崎憲次郎氏が指摘する菅野が一流投手たる所以とは…

■巨人 3x-2 DeNA(1日・東京ドーム)

開幕からいまだ黒星つかずで9連勝中の巨人・菅野智之投手。1日の本拠地DeNA戦は、1938年にスタルヒンが11連勝して以来となる、球団史上2人目の開幕10連勝に挑んだが、8回途中を2失点で勝敗はつかなかった。8回途中に逆転の走者を残したままマウンドを下りたが。同点にこそ追いつかれても逆転はされず。敗戦とならないところにエース右腕の勝ち運の強さが見られる。

実際、この日も5回に無死満塁、7回に2死一、二塁のピンチは迎えたが、それ以外はDeNA打線を圧倒。時折、マウンド上で笑みさえ浮かべた菅野のピッチングに「さすが」と唸る人がいる。現役時代はヤクルトと中日でプレーし、1998年に沢村賞を受賞した川崎憲次郎氏だ。

いまや日本を代表するピッチャーとなった菅野が、他の投手と一線を画する一流たる所以はどこにあるのだろうか。川崎氏は「基本球のコントロール」と「大事な1球を間違えずに投げ切る力」にあると話す。

「基本球」とは、外角低めのストライク球のこと。投手にとって、このコースに投げるコントロールをつけることは、打者を仕留める基本とされている。つまり、菅野はまず「基本に忠実なボールが投げられる」ということだ。

「打者の左右に関係なく、アウトローに投げられる。例えば、5回無死満塁の場面で迎えた上茶谷投手の打席です。投手とはいえ、初球の高めストレート、2球目の外角スライダーをファウルされました。それでもカウント2?2から外角低めのスライダーで空振り三振。続く戸柱(恭孝)選手の打席もカウント1?2から外角低めのフォークで投手ゴロ。基本球をいつでも必要な時には自信を持って投げられるので、勝負を優位に運ぶことができます」

川崎氏が絶賛する「必要な時に、大事な1球を間違えずに投げきる力」

また、1日に行われたDeNA戦の序盤、川崎氏は「今日の菅野投手は決して絶好調ではないと思います。いつもより体の開きが早く、真っ直ぐがシュート回転している。本人も『あれ?』と思いながら投げているはずですよ」と指摘。だが、それでも捕手が構えるミットが大きく動くような制球の乱れは見せず。「状態が良くなくても、ミットがわずかに動く大体の位置にボールをまとめられる。普通は逆球が増えたり、リズムを崩しがちになりますが、大崩れせずにまとめる凄さがあります」と高く評価する。

「おそらく、この日はコントロールを重視するために7、8割の力で投げていて、5回の満塁時に少し出力を上げたくらいでしょう。田中将大投手も同じようなスタイル。彼も常に全力投球というわけではなく、走者を二塁に背負うとギアを上げて、打者を打ち取ります。必要な時、大事な1球を間違えずに投げきる力があるんですね」

この日の菅野の場合、川崎氏を唸らせたのは、4回1死で迎えたソトの打席だ。この打席で、菅野は初球に外角低めフォークを投げ、空振りさせた。

「初球から勝負球をしっかり投げられるのが凄い。ソト選手の前の打席、そして直前の中井(大介)選手を内角2シームで見逃し三振とした流れから、あそこに投げれば確実に振ってくると分かっていたんでしょう。菅野投手は先読みができるピッチャー。自分の中で決め球と結果を決めてから、逆算して投球の組み立てをしているんだと思います。それができるのも、持ち球すべてがカウント球にもなるし、決め球にもなるから。あれだけ球が速くて、キレが良ければ、本当に打ち取りやすいと思いますよ」

菅野が投げる多彩な持ち球の中でも、特に川崎氏が絶賛するのがスライダーだ。その球の質は、“平成の大エース”と呼ばれた斎藤雅樹氏のスライダーに似ているという。

「菅野投手のスライダーは、見た目以上に打者には厄介な球だと思います。途中まで真っ直ぐと同じ軌道で来て、バットを振り出すと同時くらいに曲がり始める。そして、そこからの変化が大きいので、打者はまったく的外れな位置でバットを振っているように見えるのでしょう。かつての斎藤雅樹さんのスライダーに似ています。僕も何度も打席で体感しましたが、打者の手元でようやく曲がり始めて、大きく変化する。あれはなかなか打てません。菅野投手にとっても頼りになる球だと思います」

開幕10連勝はまた次回以降に持ち越しとなったが、菅野が一流のピッチャーである事実は変わることはない。(佐藤直子 / Naoko Sato)