「毎週涙なしでは見られない…」再開望む声受け『RIDE ON TIME』Season 3スタート決定!

©株式会社フジテレビジョン

2018年、2019年と2シーズンにわたり放送された連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』 のSeason 3が、10月からスタートすることが決定した。

華やかなエンターテインメントの世界とその裏にある苦悩や葛藤を長期取材するこの番組。「毎週涙なしでは見られない」「これを見るために1週間頑張れる」「30分をこんなに短く感じるのは初めて」と、熱狂的な支持を集めてきた。毎回放送後には、SNS上でも感動したというコメントが投稿され、トレンドの最上位にランクインしていた。しかし、今年3月、Season 2は終了することに。視聴者からは、「これから何を楽しみにすればいいのか」「番組欄の【終】という字を見たくなかった」と、再開を望む声が多数寄せられていた。

そんな熱い要望に応え、10月23日(金)より、Season 3として復活することが決まったという。

今年はエンターテインメントの世界も未曾有の危機を迎えている。多くの舞台やライブが中止を余儀なくされ、番組の取材対象であるタレントも、地道に続けてきたリハーサルが無駄になり、公演を心待ちにしていた観客とも会えなくなってしまったという。大切な仲間、スタッフたちも仕事場を失い、空のステージと観客席だけがそこに…。

しかし、仲間と心奮い立たせながら、それぞれの方法で闘う者たちがいた。無観客の生配信ライブを企画する者。そして配信ライブで画面の向こうにいる観客に、より近い存在に感じてもらえる手段を模索する者。あるいはライブのリアル体験に代わる映像作りに力を注ぐ者も。来たる“アフターコロナ”に向けてひたすら力を蓄える者もいた。

「エンターテインメントの危機、その先の光へ」闘い続ける者たちの姿をカメラが追う

人にとって「エンターテインメントは本当に必要なのか?」そんな命題を突き付けられる形になった今年。苦渋の中でそれぞれがどんな模索をするのか。答えのない世の中で、エンターテインメントへの熱い思いを失うことなく、自らの闘い方で答えを探し出すのだろうか。光明を掴(つか)み取るのだろうか。そんなテーマと共に『連続ドキュメンタリーRIDE ON TIME』Season 3が、いよいよスタートを迎える。

ナレーションは風間俊介、番組のテーマ曲は山下達郎『RIDE ON TIME (2018 NEW VOCAL VERSION)』、特集の内容については、随時発表されるそうなので続報に注目だ。

Season 2より (上段左から)屋良朝幸、堂本光一、Kis-My-Ft2、 (中段左から)SixTONES、King & Prince、Travis Japan、 (下段左から)美 少年、HiHi Jets