8月の月間最優秀投手はビーバーとダルビッシュ

©MLB Advanced Media, LP.

メジャーリーグ機構は日本時間9月3日、8月の月間最優秀投手を発表し、アメリカン・リーグはシェーン・ビーバー(インディアンス)、ナショナル・リーグはダルビッシュ有(カブス)が選出された。両者とも月間最優秀投手を受賞するのは今回が初めて。8月の月間最優秀投手に選出された両者は、サイ・ヤング賞争いでも先頭を走っていると言っていいだろう。

ビーバーは開幕から素晴らしいピッチングを続けており、8月は6試合に先発して防御率1.63をマーク。これは柳賢振(リュ・ヒョンジン:ブルージェイズ)に次ぐリーグ2位の好成績である。57奪三振はルーカス・ジオリト(ホワイトソックス)と並んでメジャー最多タイ。今季は2ケタ奪三振を5度記録しているが、そのうち3度は8月に記録したものだった。

今季最初の50イニングで82奪三振を記録したが、エリアス・スポーツ・ビューロー社によると、これは先発投手のメジャー新記録。インディアンスの投手が月間最優秀投手を受賞するのは2019年8月のマイク・クレビンジャー(現パドレス)以来となる。

ダルビッシュは8月の5先発でメジャー1位となる防御率1.09をマーク。40奪三振はジェイコブ・デグロム(メッツ)、トレバー・バウアー(レッズ)、アーロン・ノラ(フィリーズ)に次ぐリーグ4位タイの数字だった。

データサイト「FanGraphs」が算出する総合指標WARでは、マックス・フリード(ブレーブス)、パブロ・ロペス(マーリンズ)と並んで投手1位となる1.3を記録。カブスの投手が月間最優秀投手を受賞するのは2018年8月のコール・ハメルズ(現ブレーブス)以来となった。