ロシア反体制指導者に神経剤「ノビチョク」使用 独政府が発表

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

ドイツ政府は2日、こん睡状態に陥り同国で治療中のロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)について、神経剤ノビチョクによる毒殺が図られた「明確な証拠」があると発表した。

アンゲラ・メルケル独首相は記者会見で、ナワリヌイ氏は殺人未遂の被害者だとして、ロシアに国際社会への説明を求めた。

ナワリヌイ氏は先月、ロシア・シベリアを旅客機で移動中に体調が悪化。同国の病院を経て、ドイツ・ベルリンの病院に空輸された。

ロシアにおける汚職やウラジミール・プーチン大統領を激しく批判してきたことから、ナワリヌイ氏の支持者らはプーチン氏の命令で毒が盛られたと主張している。ロシア政府はこの訴えをはねつけている。

ロシア政府の広報官はドイツ政府に対し、全面的な情報交換を要求。ロシア外務省のマリア・ザハロワ広報官は、ノビチョクの使用を裏付ける証拠がないとし、「事実はどこにあるのか、使われた物質の化学式はどうなっているのか、少なくとも何らかの情報を出すべきでは?」と述べた。

どんな毒物?

ノビチョクは、1970~1980年代にソビエト連邦(当時)で開発された神経剤。神経から筋肉への信号伝達を妨げ、全身の機能不全を引き起こす。

液体のほか固体としても存在し、超微細粒子にして拡散することもできるとされる。毒性が強く、効果が30秒~2分で現れる種類もあるという。

元ロシア情報員セルゲイ・スクリパリ氏とその娘が、2018年にイギリス・ソールズベリーで襲われた事件で使われた。スクリパリ親子は助かったが、イギリス人女性が後に病院で死亡した。英政府は、ロシア軍情報当局が襲撃したと非難した。

ボリス・ジョンソン英首相はナワリヌイ氏をめぐる事件について、「とんでもないことだ」、「ロシア政府はナワリヌイ氏に起きたことを説明する必要がある。我々は、正義を実現するため国際社会と協力していく」とツイートした。

ドイツの発表

ドイツ政府が軍研究所の毒物検査の結果を発表した後、メルケル首相は記者会見を開き、「ロシア政府しか答えられず、同政府が答えなくてはならない深刻な疑問」が持ち上がったと述べた。

「誰かが(ナワリヌイ氏を)黙らせようとした。ドイツ政府全体を代表し、最大限の非難を表明する」

メルケル氏はまた、北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)の加盟国に今回の捜査結果を通知したことを明らかにした。加盟国はロシアの反応をみて、一致して適切な対応を決めるという。

ナワリヌイ氏の妻ユリア・ナワルナヤ氏と、ロシアの駐ドイツ大使にも、結果は連絡済みだとした。

国際社会の反応

EUはロシア政府に「透明性のある」調査を要求。「関係者は法で裁かれる必要がある」と声明で述べた。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長も

で、調査を要求。アメリカの国家安全保障会議(NSC)は、毒物使用が疑われていることについて、「強い非難に値する」とした。

NSCの広報官は、「私たちは同盟国や国際社会と協力し、証拠に基づいてロシアの関係者の責任を追及するとともに、悪意ある活動の資金を規制する」と

した。

ナワリヌイ氏に何が起きた?

ナワリヌイ氏は8月20日、ロシア・シベリア西部トムスクからモスクワに向かっていた旅客機内で体調を崩した。同氏の支持者らは、トムスクの空港で飲んだ茶に毒が混入されたとみている。

飛行機は中南部オムスクに緊急着陸し、ナワリヌイ氏はオムスク病院へ搬送された。3日間治療を受けた後、家族の要望を受け、ベルリンのシャリテ病院に移送された。


ロシア政府は、同国の医師団が神経剤の治療に使われるアトロピンを投与したが、毒物が使われた証拠は見つからなかったとしている。

妻のナワルナヤ氏は、ロシアの医師団が、化学物質の検出を防ぐためにナワリヌイ氏の移送を遅らせたとの見方を示した。

シャリテ病院の医師団は、ナワリヌイ氏は回復に向かっているが、人工呼吸器を装着して集中治療室で治療を続けていると述べた。

ナワリヌイ氏はどんな人?

汚職撲滅運動家のナワリヌイ氏は、議員ではないものの、2011年の議会選挙以降、プーチン大統領と幹部への抗議活動を続けている。プーチン大統領率いる与党・統一ロシアを「いかさま師と泥棒の党」と呼び、これまでに何度も逮捕され、禁錮刑となっている。

2011年には、統一ロシアが議会選挙で不正投票を行ったことに抗議し、逮捕。15日間刑務所に入れられた。

2013年にも横領の容疑で禁錮刑となったが、政治的に断罪されたと非難している。

2018年に行われた大統領選では、公金横領事件で有罪判決を受けたことを理由に出馬申請を却下された。同氏はこれは、政治的な意図による判断だと否定している。


2019年7月には、認可のない抗議活動をしたとして30日間の禁錮刑となったが、その最中に体調を崩して病院へ搬送された。

医師は「接触性皮膚炎」と診断したものの、ナワリヌイ氏は自分はアレルギーになったことはないと反発。かかりつけの医師には「何らかの毒物」にさらされた可能性があると診断されたと述べ、毒を盛られた可能性があると話していた。


2017年にも消毒薬を顔にかけられ、右目に化学火傷を負っている。

ロシア政府は昨年、「外国機関」への監視を強化する法律を制定していたが、この中にナワリヌイ氏の反汚職同盟も含まれた。

(英語記事 Russian opposition leader 'poisoned with Novichok'