今月で番組終了…島田秀平が占うたかみなの今後は「学んだり感動したことを人に教えていく期間」

©ジグノシステムジャパン株式会社

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週木曜日は、作家の古谷経衡さんとお届け。9月3日(木)の放送は、手相占いで人気の芸人、島田秀平さんが登場。パーソナリティ2人やリスナーの手相を見て、今後の運勢を占いました。

左から、高橋みなみ、島田秀平さん、古谷経衡さん

さまざまな占い師が登場した「占いウィーク」もこの日が最終日。トリをつとめるのは数々の手相を占ってきた島田さんです。実は4年半続いた本番組が今月いっぱいで終了。10月からの転機に向け、たかみなは島田さんが占う“これから”に耳を傾けます。

「熱く責任感がある人。ガッツがあって周りを引っ張っていく星を持っている。人とのふれあいで人生を開拓していけるところがあるので、(新しい門戸を叩くのは)いいタイミングかもしれない。今後は自分が学んだり感動したりしたことを人に教えていく期間」と島田さん。

また「大物の下で力を発揮するタイプなので、たとえば(AKB48などを手がけた作詞家の)秋元康先生の下で、みんなを見ていくのもいい」とも。加えて「ライター線」も見えたと言い「いままでを振り返って本にするのもいいし、絵本作家を目指すのもいい」とたかみなに助言しました。

続いて、古谷さんの手相を見た島田さんは「ただの変人」とバッサリ。「正直『なんだこの手相!?』という第1印象。手の中央を走る運命線が2重で、人の2倍活躍する人生です。本業以外にもう1つの収入源をつくったほうがいい。あとは人前に出て話すのに長けている『アナウンサー線』が出ているし、運の強い『神秘十字線』が2つも走っている。自由に動き回れる環境をつくっておくのが大事です」とアドバイス。ただ今後、古谷さんを利用して金もうけを企む人が出てくる可能性もあり、「注意が必要」と補足。

この日は占い尽くしでお届けしましたが、9月いっぱいでの番組終了を告げ、たかみなが涙するひと幕も。「発表したあと、緊張の糸が切れちゃった……」と声を震わせながらも「始まりがあれば、終わりもある。そこからいろんなことが広がっていくタイミング」と前を向きました。


▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年9月11日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani