松丸亮吾が「松丸くんの冒険!ナゾトキ大学!!」で初MC!Snow Man阿部亮平らが謎解きに挑戦

©株式会社東京ニュース通信社

書籍「東大ナゾトレ」が累計140万部を突破するなど、幅広い世代に人気の謎解きクリエーー・松丸亮吾が、9月5日放送の「松丸くんの冒険!ナゾトキ大学!!」(午後1:30、関東ローカル)でMCに初挑戦する。テーマは「浅草のナゾ巡り学部」。初めは緊張気味だった松丸だが、「皆さんが楽しんで解いてくれて後押しされた。またほかのキャンパスもやってみたい」と早くも手応えを感じている。

ガイドブックには載らないような、謎や不思議を謎解きを交えたクイズ形式で紹介する同番組。阿部亮平(Snow Man)、EXIT、森泉がそれに答え、正解するとポイントをゲットする。

初めに訪れたのは、東京・浅草の浅草寺。特に雷門は、浅草を代表する有名なスポットだが、意外と知られていないことがあるという。特に巨大なちょうちんは、江戸時代にはすでに存在し、幕末に火災で一度焼け落ちてしまった。そして戦後、ある人がよみがえらせたのだが、果たしてその人物とは? ほかにも、浅草生まれのグルメにまつわる問題なども出題される。

そこから一行は浅草寺を離れ、浅草合羽橋道具街へ。料理人のための道具を取り扱う店が軒を連ねるこの商店街だが、最近では “映える”食器を求めてくる若い女性にも人気だという。中でも人気なのが、菓子の型の専門店「馬嶋屋」。ここでは1500以上あるというクッキーの型を使ってしりとりに挑戦する。

さらに、昭和60年創業の「浅草ビューホテル」へ。スカイツリーや「花やしき」、浅草寺など浅草を一望できる絶景の客室が人気のこのホテルにも謎がある。ホテルの気遣いや粋な計らいを知ることができるクイズに、一同は感動する。

解答者の中で一番ポイントが高かった人には、すてきなご褒美が。“ひらめき力”を最大限に生かし、最も解答するのは誰なのか?