WRC第4戦:ヒュンダイのタナク、母国エストニアのシェイクダウンでトップタイム

©株式会社サンズ

 9月4日、WRC世界ラリー選手権第4戦エストニアのシェイクダウンが行われ、母国ラウンドを迎えたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)がトップタイムをマーク。同日に始まるラリーに向けて弾みをつけた。
 
 新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響を受けラリーイベントの延期や中止が相次ぎ第3戦メキシコ以降、シーズンの中断を余儀なくされていたWRCが約半年ぶりに再開される。

 その再開ラウンドとなるエストニアは、高速のグラベル(未舗装路)ステージが中心で、そのキャラクターは隣国フィンランドのラリー・フィンランドに近いとされている。そんなラリー・エストニアの走行初日を迎えた4日、現地8時からシェイクダウンが実施された。
 
 競技前、最後の確認の場となるこのセッションは今ラリー出走順1番となるセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)からスタート。WRC元6連覇王者は2分59秒8というタイムを記録し全体の基準タイムをつくる。
 
 1本目の走行でこれを上回ってきたのはタナクで、タイムは2分58秒8をマーク。3番手にはトヨタのカッレ・ロバンペラが続いた。
 
 そのロバンペラは2度目の走行で自己ベストタイムを2分58秒4に伸ばして全体首位に立つが、早々に5本目までの走行を終えたエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)が最後のランで2分58秒3を記録し、これを逆転する。
 
 その後、“地元の英雄”タナクが2度目の走行で2分57秒2、3本目では56秒台に突入する2分56秒8という圧巻のタイムをマークしてみせた。

 最終的にタナクのタイムが全体トップでシェイクダウンは終了。2番手には4本目で2分58秒2までタイムを上げたオジエが入り、ラッピが3番手、4番手ロバンペラ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が5番手というトップ5オーダーとなっている。
 
 トヨタ・ヤリスWRCを駆り第2戦スウェーデン以来のWRC挑戦となる勝田貴元は、2回目の走行で3分00秒0を記録。総合8番手につけた。

 WRC第4戦エストニアはこの後19時(日本時間25時)過ぎからSS1が行われる。

カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)

■2020年WRC世界ラリー選手権第4戦エストニア シェイクダウン

Pos. No. Driver Machine Gap

1 8 O.タナク ヒュンダイi20クーペWRC 2’56.8

2 17 S.オジエ トヨタ・ヤリスWRC +1.5

3 4 E.ラッピ フォード・フィエスタWRC +1.6

4 69 K.ロバンペラ トヨタ・ヤリスWRC +1.7

5 11 T.ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +1.8

6 33 E.エバンス トヨタ・ヤリスWRC +2.4

7 42 C.ブリーン ヒュンダイi20クーペWRC +2.6

8 18 勝田貴元 トヨタ・ヤリスWRC +3.2

9 7 P-L.ルベー ヒュンダイi20クーペWRC +3.4

10 3 T.スニネン フォード・フィエスタWRC +3.9

11 44 G.グリーンスミス フォード・フィエスタWRC +5.4

*リザルトは編集部集計