がん光免疫療法の新薬を了承

楽天メディカルが申請

©一般社団法人共同通信社

 厚生労働省の専門部会は4日、光を当ててがん細胞を壊す「がん光免疫療法」で使う新薬「アキャルックス」の国内での製造販売を了承した。楽天メディカルジャパンが申請していた。治療対象は切除不能な進行、または再発の頭頸部がんで、月内にも正式に承認する見通し。厚労省は11月にも保険適用を決め、薬価を定める。

 がん光免疫療法では、がん細胞だけにくっつく抗体と、近赤外線という特定の波長の光を当てた時だけ化学反応を起こす物質をつなげた薬剤を患者に投与する。専用のレーザー機器を使って光を当てると、化学反応を起こしてがん細胞だけが破壊される。