江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

©新華社

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

江西省視覚障害者柔道チームの傅桂蓮コーチ(中央)と選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

 【新華社南昌9月6日】中国江西省の視覚障害者柔道チームは来年開かれる第11回全国障害者スポーツ大会に向け、5月28日から強化合宿を行っている。選手7人は傅桂蓮(ふ・けいれん)コーチの指導の下、連日午前5時から午後5時まで、激しいトレーニングに打ち込んでいる。

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

ストレッチをする選手をサポートする傅桂蓮コーチ。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

 同チームは2002年に設立。08年北京パラリンピックで柔道金メダルを獲得した郭華平(かく・かへい)選手や12年ロンドンパラリンピックで銀メダルを獲得した周瞳(しゅう・とう)選手などを輩出している。13年以降も中国視覚障害者柔道選手権大会や全国障害者競技大会などに何度も出場している。(記者/胡晨歓、黄浩然、彭昭之)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

汗を流しながら練習に打ち込む選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

組み手練習を行う江西省視覚障害者柔道チームの選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

組み手練習を行う江西省視覚障害者柔道チームの選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

トレーニングを行う江西省視覚障害者柔道チームの選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

組み手練習を行う江西省視覚障害者柔道チームの選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

組み手練習を行う江西省視覚障害者柔道チームの選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

トレーニングを行う江西省視覚障害者柔道チームの選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

練習でたこができた選手の両足。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

傅桂蓮コーチ(左)の指導を聞く選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

選手の爪を切る傅桂蓮コーチ(左)。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

音に反応する練習をする選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

朝のランニングをする選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

朝のランニングを終え、傅桂蓮コーチの先導で練習場に向かう選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

傅桂蓮コーチに手伝ってもらい、靴紐を結ぶ選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

ウエートトレーニングをする選手。(8月26日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)

江西省の視覚障害者柔道チーム、強化合宿で汗

トレーニングが終わり、夕食をとる選手。(8月27日撮影、南昌=新華社記者/胡晨歓)