ドラマ『SUITS/スーツ2』第9話放送 ファーム代表を巡る争いが佳境へ

©株式会社フジテレビジョン

月9ドラマ『SUITS/スーツ2』の第9話が、9月7日(月)21時より放送される。

『SUITS/スーツ2』は、全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2が原作。負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(かい・しょうご)役を織田裕二、経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(すずき・だいすけ)役を中島裕翔が前作に引き続き演じている。

<第9話 あらすじ>

左から)中村芝翫、織田裕二

有名キャスターの浜崎哲平(中村芝翫)が、自身のテレビ番組で人気プロ野球選手・等々力真一(佳久創)の薬物使用疑惑を報じて訴えられた。等々力の所属球団は、浜崎と番組を放送した「東都テレビ」に対して、それぞれ賠償金3億円と、番組での公式謝罪を要求する。

浜崎に会いに行った甲斐(織田裕二)と大輔(中島裕翔)は、浜崎がこれまでも社会のタブーに踏み込み、何度もトラブルを起こしてはいたものの、今回は、相手側が日本経済のドンで球団親会社のトップということもあって、謝罪するしかないのでは、と考える。しかし浜崎は「これまでも経験と勘で断定的な発言をしてきたが自分には負けた記憶がない」と言ってそれをかたくなに拒む。

左から)吉田鋼太郎、鈴木保奈美

そんな中、「幸村・上杉法律事務所」のトップがチカ(鈴木保奈美)か、それとも上杉(吉田鋼太郎)かをシニアパートナーによる投票で決める会議が5日後に迫っていた。

甲斐は、玉井伽耶子(中村アン)に会いに行き、復職するよう説得する。ボーナスの小切手を差し出されても首を縦に振らなかった玉井だが、甲斐の「俺が君を必要としている。ずっと君とやってきた。君なしじゃ、やれない」という言葉に心を動かされ、復帰するに当たっての2つの条件を出す。

吉田鋼太郎

一方、上杉は蟹江(小手伸也)を呼び出し、シニアパートナーに指名する。ファームの共同代表である上杉は、独断で1名、シニアパートナーに昇格させる権限を有していた。喜ぶ蟹江に対して上杉は、代表を決める臨時パートナー会議までは秘密にしておくよう告げる。これにより、密かにトップ争いの均衡が崩れようとしていた。

さらに大輔を訪ねて「幸村・上杉法律事務所」に、大輔の祖母・結衣(田島令子)がやって来る。大輔は結衣に一緒に住むための新居をプレゼントしようと考えていた。