楽天ドラ2黒川は「将来大物になる」 元ヘッドが目を細めたセンスと“プロ向きの性格”

©株式会社Creative2

楽天・黒川史陽【写真:荒川祐史】

第1打席でプロ初安打となる右前タイムリー、好機で迎えた第4打席で楽天ベンチは勝負

楽天は6日、本拠地でのオリックス戦に6-9で敗れ、連勝が「2」でストップした。だが、敗戦のなかで「7番・三塁」でフル出場した高卒ルーキーの黒川史陽内野手が、初回にプロ初安打となる右前タイムリーを放った。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「プロ向きの性格で、対応力のセンスがいい」と評価した。

敗け試合の中で、期待の高卒ルーキーがまばゆい光を放った。ドラフト2位の黒川が、1-0で迎えた初回、2死一、二塁のチャンスで右前適時打。初打席で犠飛を放ち、浅村とともにお立ち台に上がった4日のオリックス戦に続くプロ2試合目の出場で、プロ初安打、初タイムリーをマークした。2打席目以降は4打席続けて凡退となったが、好打者揃いの楽天内野陣の中で、存在をアピールした。

智弁和歌山では5季連続で甲子園に出場し、2年春には準優勝も経験している黒川。2打席目以降、相手バッテリーは変化球中心の組み立てに配球を変えてきたが、それに対応したセンスの良さを、松本氏は指摘した。

「1打席目に直球をヒットにしたことで、相手バッテリーは直球に強い打者ではないかと予測し、配球を変えてきた。その中で、3打席目に左腕の飯田から外のスライダーで空振り三振を奪われた後、4打席目で同じ左の山田からは同じ外のスライダーに食らいつき、二直を放った。これは高卒1年目にしては凄いこと。その打席ごとの対応力を考えると、センスはいいものがある」

「彼のその性格はプロ野球選手に適している」

黒川の打撃センスについて、こう触れた松本氏。この日、2打席目以降は結果が出なかったが、楽天ベンチがその後もチャンスを与え続けたことに、期待の大きさも感じたという。

「彼は選球眼が良く、ボールに食らいついていく姿勢がある。タイミングの取り方も悪くないし、変化球によって上体が前に出ることもない。この日は引っ張るシーンが目立ったが、センターから逆方向を意識していけば、また違った結果になっていくと思う。2、3打席目に連続三振をした後も、代打を出されず使ってもらえたのは、それだけベンチが彼に期待している証拠。この5打席は勉強になっただろうし、これから経験を重ねていって、将来どういうものが出てくるか。そこに彼のセンスが見えてくると思う」

打席では19歳とは思えない、堂々とした立ち振る舞いも目立った。松本氏はその性格にも注目した。

「キャンプの時から1軍に帯同していたが、全然物怖じしていなかったし、生き生きしていた。今の若い選手には物怖じしない選手も増えてきたが、彼のその性格はプロ野球選手に適していると思う。『先輩たちよりも活躍したい』なんて、高卒1年目で言える選手はなかなかいない。将来、大物になるんじゃないでしょうか」

現役引退後、コーチ、そしてスカウトとして数多くの選手を見てきた松本氏の目に映った黒川の将来像。これから黒川がプロの世界で成長を遂げていけば、レギュラーに定着する日もそう遠くはないのかもしれない。(Full-Count編集部)