《県高校対抗陸上》女子三段跳び 太女・正田が優勝 自己ベスト29センチ更新

©株式会社上毛新聞社

女子三段跳び決勝 11メートル74の自己最高記録で頂点に立った正田(太田女)=正田醤油スタジアム群馬

 女子三段跳びの正田萌絢(もあ)(太田女)は、自己ベストを29センチ更新する11メートル74で優勝。11メートル86の大会記録まで12センチに迫った。5日の走り幅跳びで準優勝だっただけに「絶対勝とうと心に決めていたので、本当に良かった」とほほ笑んだ。

 三段跳び決勝1回目の試技。リズムの良い助走でスピードに乗ると、身長168センチの長い足を生かしてホップ、ステップと順調に距離を稼いだ。最後のジャンプも力強く踏み切り、11メートル74の自己ベスト。2回目以降は記録こそ伸ばせなかったが「次につながる跳躍はできた」と振り返った。