台風10号 風で転倒、避難所で転ぶ…負傷者計13人に 鹿児島県内、停電18万5千戸【7日午前10時現在】

©株式会社南日本新聞社

強風で倒壊した倉庫=6日午後5時半、龍郷町幾里

 台風10号の影響で7日午前9時現在、垂水、薩摩川内、指宿3市で4人の軽傷者が分かった。鹿児島県内の負傷者は重傷2人を含む計13人となった。

 各自治体によると、薩摩川内市では80代女性が避難所で転び、病院に運ばれた。指宿市で2人が風にあおられて転倒した。垂水市では自宅の割れたガラスを撤去中、転倒して頭をガラス破片で切った。

 九州電力によると、午前10時現在、37市町村、18万4760戸で停電が続いている。

柱が根元から折れ、倒れたバス停の屋根=鹿児島市吉野町
強風で倒れた看板=6日午後2時35分、奄美市名瀬浦上