覆面男らが反政権派幹部を拉致

混乱のベラルーシ、当局拘束か

©一般社団法人共同通信社

ベラルーシ・ミンスクで記者会見に出席した反政権派幹部コレスニコワ氏=8月24日(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】ベラルーシのネットメディアは7日、ルカシェンコ大統領の6選を巡り混乱が続く同国の首都ミンスクで反政権派幹部のコレスニコワ氏が覆面の男らにマイクロバスに押し込まれ、連れ去られたとの目撃者の話を報じた。当局が拘束したとみられる。

 ミンスクでは6日にも反政権派主導の大規模デモが起きており、政権側が反政権派幹部らの強制排除に乗り出した可能性がある。

 コレスニコワ氏は、大統領選再選挙を通じた政権移行を目指す調整協議会の中心的存在。協議会の報道担当者らも7日朝から連絡が取れなくなっている。ベラルーシ内務省は「行方を把握していない」との声明を発表した。