<レスリング>10.9~11風間杯全国高校選抜大会(新潟市)は無観客で実施へ

©公益財団法人日本レスリング協会

予定より約半年延期され、会場も変わるが、実施へ向けて動き出す風間杯全国高校選抜大会=写真は2019年大会

 全国高体連レスリング専門部は9月7日、中止となった2019年度風間杯全国高校選抜大会を10月9日(金)~11日(日)に新潟・新潟市東総合スポーツセンターで行うことを決めた。新潟県からも承認を受け、同日、発表した。

 大会日程は当初の予定通りで、9~10日に学校対抗戦、10~11日に個人戦を実施。場所は新潟市体育館ではなく、2011年に全国少年少女選手権を実施した前記の会場に変更。これまで代替大会としてきたが、「2020年風間杯全国高校選抜大会」の名称で実施する。

 アンケートの結果、3年生で選手生活を引退した選手や体重が増えて減量できなくなった選手などが不出場になるため、3月に比べると50選手ほど選手数が減る予定。新型コロナウィルス感染防止の観点から観客は入れないことを指示されており、応援は遠慮願う。新潟県協会によると、ネットによる生中継を実施するという。

 今年は3月8日の東京オリンピック代表決定プレーオフ(東京・味の素トレーニングセンター)を最後に、全国レベルの大会はすべて中止、または延期となっている。実施されれば、日本協会および傘下連盟の試合としては、3月8日以来、大会としては2月22~23日の全国少年少女選抜大会(東京・板橋区小豆沢体育館)以来の開催となる。