立憲・石垣氏を装う投稿が拡散

SNSで、法的措置を検討

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の石垣のり子参院議員(宮城)が「安倍が死んでもなんとも思わん」などと、安倍晋三首相を中傷する内容をツイッターに書き込んだように装う虚偽の投稿が会員制交流サイト(SNS)で広まっていたことが8日、石垣氏への取材で分かった。

 石垣氏は投稿を否定した上で「投稿者に対し、法的措置を取る」と述べた。

 投稿は何者かが石垣氏の公式ツイッターの画像を転用して偽造したとみられる。石垣氏や事務所によると、1日に投稿を発見。既に削除されたが、SNS上に拡散された。

 石垣氏は安倍首相の辞任表明に関し「大事な時に体を壊す癖がある」などとツイートし、批判を浴びて謝罪した。