米山隆一氏、つるの剛士への発言が大炎上…「意味不明すぎ」「変なやつに絡まれて可哀想」の声

©株式会社ジーンステイト

画像:時事

7日、タレントのつるの剛士さんが、Twitterを更新。

つるのさんは以前、パクチーを盗まれたとうツイートをしたのですが、それに元新潟県知事の米山隆一氏が突っかかり、舌戦の状態に。

しかし、米山氏は自分の非を認めようとせず、泥沼化の様相を呈しております。

つるの剛士、米山隆一のツイートに猛反論…「あたまにくる」

7日、タレントのつるの剛士さんが、Twitterを更新。

元新潟県知事の米山隆一氏からの指摘に対して、不快感をあわらにしました。

ことの発端は、今月4日につるのさんが自身のTwitterでツイートした内容。

つるのさんは、農林水産省の注意喚起の投稿(農作物が盗難の被害にあっている)を引用する形で、「うちの畑も最近パクチーやられました(現行犯でしたが※「日本語わからない」の一点張り)ので気をつけてください。 悲しいですが監視カメラ取りつけました」と投稿しました。

これに対し、7日に米山氏がさらに引用する形で「そのパクチーを取った人が外国人だとして豚泥棒が外国人と言う証拠はなく」「実家が養豚農家の身として言うなら、大量に屠殺する手段を持たない外国人がこれを行うのはかなり困難で」「むしろ同業者の可能性が高いと思われます。まるで外国人の犯罪かのように示唆してRTするのは極めて差別的だと思います」と苦言。

瞬く間に炎上する騒ぎになりました。

これを受けつるのさんも真っ向から反論し、「養豚?僕は知りません!もう一度言います。日本人でも外国人でも農産物を盗む行為は歴とした犯罪!」「こちら100%被害者!差別??現行犯!事実!今回許してしまいましたが今後はこのような難癖つけられないよう次こそ必ず通報します!」「近隣の畑も同じ被害があるので連携しながらより防犯に努めます!以上」とし、舌戦を終わらせませした。

しかし、その後も怒りが収まらなかったつるのさんは、「被害者側がなんで糾弾されなきゃいけないのか?! 理不尽すぎてホントアタマくるわ」と投稿し、米山氏への怒りをあらわにしていました。

 

米山隆一、つるの剛士へ噛みつくも全く反省せず…

つるの剛士さんのツイートに苦言を呈した米山隆一元新潟県知事。

この論争でありますが、ネット上からは「なんでパクチーの話をしているのに、豚泥棒の話になっているの?」と疑問を抱く人も。

つるのさんは3日、ファンへのリプライで「一応目星がついていますので。 畑近くの工場で働いてる外国人。 もちろん次見つけたら通報します。」と投稿しており、これに起因している可能性も考えられます。

ただ、当該ツイートでつるのさんは、あくまで「パクチーを盗まれた」と話しており、外国人という表現も用いておりません。

しかし、米山氏は曲解したのか「パクチー」を「豚泥棒」としているのです。

この勘違いに対してはTwitterユーザーも数多く指摘をしておりましたが、米山氏は「早とちりは全然してないです」と自分は間違っていないと強調。

さらに、「豚とパクチーの見分けもつかないのですか?」という指摘に対しては、「パクチーと豚はだいぶん違うので見間違えることはほぼありません。」「一方日本人と外国人はとても似ていて、良い事悪い事を含めてほとんど同じ事をするので時に見間違えます。」「またパクチーと豚は一緒に料理すると美味しいですが、日本人と外国人も一緒に尊重しあうと社会が良くなります」と、意味不明の持論を展開。

これにはさすがのTwitterユーザーも困惑している様子で、「パクチーとパイクー(中国語で豚の意味)を間違えているのでは?」という意見が散見されるほどで、「変やつに絡まれて可哀想」とつるのさんを擁護する意見が大多数を占めました。

パクチーの話で豚泥棒になるロジックが気になるところです。

(文:服部慎一)