兵庫県中学校駅伝 新型コロナ感染拡大で初の中止決まる

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞NEXT

 兵庫県中学校体育連盟(中体連)は8日、豊岡市日高町の奥神鍋体育館周辺コースで11月21日に開催予定だった県中学校総合体育大会(中学総体)を兼ねた県中学校駅伝について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止することを決めた。12月の全国中学校駅伝が中止されたことなどを受け、初めて開催を断念した。

 県中学校駅伝は今年で男子69回、女子35回を数える大会。男子の第6回以降は県中学総体として開かれている。男女の優勝校は全国中学校駅伝に出場できる。

 県中学総体は今年、夏季全16競技を中止し、秋以降に開催する駅伝とスキーは全国大会の状況を見ながら判断する方針だった。残るスキーは、引き続き開催可否を検討していく。

 近畿中学校駅伝(12月6日・豊岡市日高町)は、既に中止が決まっている。(金山成美)