中国国際サービス貿易交易会で中医学ロボットがお目見え

©新華社

中国国際サービス貿易交易会で中医学ロボットがお目見え

 7日、中国国際サービス貿易交易会のサービスロボット特別展示エリアで来場者の脈を取る中医学AIロボット。(北京=新華社記者/才揚)

 【新華社北京9月9日】中国北京市で開催中の2020年中国国際サービス貿易交易会で、中尚(中国)健康産業集団が開発した「中尚中医学人工知能(AI)ロボット」が来場者の注目を集めている。指のセンサーと本体部分のカメラで検出した来場者の脈や舌苔(ぜったい)のデータをビックデータと照合することで、中医学(中国伝統医学)の食事箋を提供している。

中国国際サービス貿易交易会で中医学ロボットがお目見え

7日、中国国際サービス貿易交易会のサービスロボット特別展示エリアで来場者の脈を取る中医学AIロボット。(北京=新華社記者/才揚)

中国国際サービス貿易交易会で中医学ロボットがお目見え

 7日、中国国際サービス貿易交易会のサービスロボット特別展示エリアで来場者の脈を取る中医学AIロボット。(北京=新華社記者/才揚)

中国国際サービス貿易交易会で中医学ロボットがお目見え

 7日、中国国際サービス貿易交易会のサービスロボット特別展示エリアで来場者の脈を取る中医学AIロボット。(北京=新華社記者/才揚)

中国国際サービス貿易交易会で中医学ロボットがお目見え

 7日、中国国際サービス貿易交易会のサービスロボット特別展示エリアで来場者の脈を取る中医学AIロボット。(北京=新華社記者/才揚)