年収1000万超の人の貯蓄額「年収500万の頃と生活レベルを変えずに、4000万弱貯めた」

©株式会社グローバルウェイ

年収1000万世帯の貯蓄額は…

年収1000万円の人たちは、どのぐらい貯蓄しているのだろうか。キャリコネニュース読者からは、

「貯金は毎月15万円くらいできたら良い方です。年に数回、旅行に行けることに満足しています。でも共働きでお互いに忙しく、なかなか余裕もないところは不満です。基本的に自炊は毎日ですから」(40代男性/神奈川県/公務員)

といった声が寄せられている。今回は、世帯年収1000~1200万円の貯蓄事情を中心に紹介する。(文:鹿賀大資)

「年収1000万超でも贅沢はできない」

メーカー系勤務の京都府の30代男性は、「お金に困ったことはない」という。生活必需品を購入する際は、値段を気にせず選べるうえ、年に一度は海外旅行にでかけている。数年前にカナダへ行った際は、夫婦のほかに自分の母親と妻の両親をともに連れて行くなど親孝行をする余裕もあるようだ。気になる貯蓄額は「4000万円弱」。それだけ貯められた理由をこう綴る。

「かつて年収500万円だった頃と、生活レベルは変わっていない。そのため貯蓄が自動的にできる。またこれは不満にも感じている部分だが、車を所有していないこと、ここ数年で服や耐久消費財を数えるほどしか買っていないことが大きい」

ちなみに男性の妻は、メルカリを利用することもあるという。こうしたことの踏まえた上で「少し生活レベルを上げれば、すぐに余裕がなくなる」と述べている。

技術職の鹿児島県の40代女性は、「貯金は3000万円くらいありますが、おそらく学費で消えると思います」という。3人の子どもを抱えており、高校までは公立と決めて通わせている。ただ3人とも「大学に進学できる学力がありそうなので通わせてあげたい」と続ける。

「大学は下宿必須なので、学費も含めた奨学金を使わなくて済むようにと、結婚当初から少しずつ貯めていました。住宅ローンも払い終わっています。それでも育ち盛りで食費がかかり、今がMAXです。買い物はスーパーの特売品が中心ですが、世帯年収1000万円を超えたあたりからは金額を見ないで選べています」

女性は「この年収でも贅沢はできません」といい、「子どもが3人以上の家庭の税金を下げれば少子化は防げるのでは」と書いている。

「1年でたった400万しか貯まらないのか……」

静岡県の30代女性は、夫婦共働きで世帯年収1200万円。自身が正社員として年収300万円、夫が年収900万円を得ており「正直に言って余裕はある」という。 ただ普段の暮らしぶりは質素だ。

「貯め時は“子どもが小さいうち”と思っているので、毎月決まった金額で生活費をやり繰りしたり、収支の管理も家計簿アプリを使ったりして、しっかりするようにしている」

また今年の収支については、コロナの関係で旅行ができず外食も減り、一方で定額給付金が入ってきたこともあり「年間の貯蓄額は400万円を余裕で超えそう」という。それでも夫には「1年でたった400万しか貯まらないのか……」と言われてしまい落ち込んだ。しかしその後に「まったく我慢している感じはない」と言われ帳消しにしたという。

女性は「400万って、結構頑張って貯めている方だと思うんだけどな」とコメントしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】世帯年収1000~1200万円台のリアル」「持ち家は必要だと思いますか?」に関するアンケートを募集しています。