橋本環奈が「ルパンの娘」で「ホームズの娘」に! 中学生での登場に「正直、大丈夫かなと(笑)」

©株式会社東京ニュース通信社

女優の橋本環奈が、10月15日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10:00)に出演する。

同作は深田恭子主演で泥棒一家“Lの一族”の活躍を描くシリーズの第2弾。橋本は京都で代々続く「名探偵一家」の娘・北条美雲を演じる。亡くなった父は「平成のホームズ」、一緒に暮らす祖父・宗真は「昭和のホームズ」と呼ばれた名探偵で、美雲自身も「令和のホームズ」を目指して日々鍛錬を積んでいる。

執事もいる裕福な北条家で「お嬢」と持てはやされて何不自由なく育ったが、とある事件に巻き込まれ、北条家は没落、美雲は莫大な借金を背負ってしまう。祖父の宗真が「自分に何かあれば“Lの一族”を追え」と語っていたことから、美雲は“Lの一族”が犯人に違いないと“Lの一族”を探しだし復讐を果たすことを心に誓う。

美雲は、代々続く「名探偵一家」に生まれただけあって、洞察力・推理力に長けている上に頭の回転も速く、日常生活の中のささいなことにも名推理を披露する。一方でド天然な一面も。1話では中学生、2話では高校生として登場。3話以降は社会人となって登場する。社会人になっても莫大な借金のため実家への仕送りに追われており、ボロボロのアパートでヨレヨレの老執事・山本猿彦(我修院達也)と暮らしながらの極貧生活。しかし「名家の娘」としてのプライドは非常に高く、お嬢様キャラをキープすることに腐心している。

橋本は「子どもから大人まで楽しめる突き抜けた娯楽作品。ちなみに前作は私の実家でも家族全員で見ていました。さまざまなアクションやてんとう虫のギミックなど、『ルパンの娘』は夢のある作品ですので、オファーをいただいた際は本当にうれしかったですし、何より面白そうだなと思いました」と新加入にうれしそう。

中学時代も演じるが「正直、大丈夫かなと」と苦笑いも、「制服はこれまで着たことのないものはないんじゃないかというくらい着ていますし、高校生役もたくさん演じてきましたが、回想シーンなどを除くと中学生役は初めてです。中学生役の際は、上下、青いかわいいセーラー服で、今まで着たことのない制服なので楽しみです」と期待している。