異色の演歌歌手・美良政次 ピーター(池畑慎之介)のデビュー曲『夜と朝のあいだに』のカバーをリリース

©チャンネル銀河(株)

2018年にデビューした歌手・美良政次(みよしせいじ)が本日9日にサードシングル『夜と朝のあいだに』をリリースした。

この曲はピーター(現:池畑慎之介氏)の1969年に発表したデビュー曲で、「アポロが月から連れてきた少年」というキャッチフレーズのもと、その妖艶な魅力で第11回日本レコード大賞・最優秀新人賞(1969年)を獲得、話題となった楽曲。

美良はヴィジュアルバンドMALICE MIZER(活動停止中)のリーダーManaが作詞、作曲・プログラミングを手がけるソロゴシックメタルサウンドプロジェクト“Moi dix Mois”(モア・ディス・モア)のリードヴォーカルという顔も持ち、ワールドツアーも敢行している。
そんな美良が演歌歌手をめざすきっかけとなったのがバンド活動中、演歌好きだった父親が病に倒れたこと。闘病中の父を励ますために、演歌を歌うことを決心したがその後、父は他界。それでも演歌を歌う決心は揺るがず、2018年6月『未練橋』にてソロデビュー。2019年6月セカンドシングル『濡れる夜』を発売し、本日3作目のリリースに至った。

今作は両A面で『霧の海』も収録。この楽曲は『ラヴ・イズ・オーヴァー』(欧陽菲菲)の作詞・作曲を手掛けた伊藤薫氏が美良の故郷・広島県三次市をテーマに書き下ろした楽曲。そのほか、カップリングの『夜桜花~YA.OUKA~』は、美良本人が作詞手がけた意欲作。

色気のある声が特徴の美良政次。演歌・歌謡界に新風を巻き起こすかもしれない。

美良政次『夜と朝のあいだに/霧の海」』

2020年9月9日発売
YZWG-15268 ¥1,364+税

【収録曲】
01.夜と朝のあいだに
02.霧の海
03.夜桜花~YA.OUKA~
04.夜と朝のあいだに(カラオケ)
05.霧の海(カラオケ)
06.夜桜花~YA.OUKA~(カラオケ)