山本美月 “ツインテールの魔法少女”に! 自作の漫画も収録『魔法少女 山本美月』

©ブロードメディア株式会社

『魔法少女 山本美月』メインビジュアル(C)2020 INCENT Co., Ltd., TAC PUBLISHING Group

女優の山本美月が、本人自作の漫画も収録する書籍『魔法少女 山本美月』(TAC出版)を11月4日に発売することが決定。書籍では“ツインテールの魔法少女”姿を披露し、その世界観に触れることができる展覧会も開催される。

女優、モデルとして活躍し、数々のドラマ、映画、CMに出演、先日は俳優の瀬戸康史との結婚が話題となった山本。プライベートでは、アニメやマンガをこよなく愛していることがよく知られている。書籍『魔法少女 山本美月』では、そんな山本が幼い頃から憧れていたという“魔法少女”をテーマに、独特な感性で彩られた“山本美月ワールド”を最大限に表現する。

同書では、山本曰く"高校生の時以来"という、30ページ超のボリュームの描き下ろしストーリーマンガを収録。画や話まですべてが本人の自作で、ひとつひとつの色使い、タッチ、構図はもちろん、ストーリーやそこに秘めたメッセージまで、思いがつまった渾身の一作だ。

また、全体の原案、着用するドレス、手にする魔法ステッキなどの小物まで、自らアイデアを出したという“魔法少女”姿も披露。山本の内面世界を深く探る1万4000文字のインタビューも収録され、これまで絶対に語られてこなかった、真の“山本美月”の姿が明かされる。

「女の子なら、幼い頃に一度はあこがれる"魔法少女"。空を飛びたい、変身してみたい、そんな子どもの頃の夢をそのまま形にしてみました」と語る山本。「"魔法少女 山本美月"は私の大好きなものをギュッと詰め込んだ、まさしく理想の集合体です」と語り、「この本で、魔法少女にあこがれていたあの頃を思い出してもらえたらと思います。また、今好きなものを好きと大声で言えず悩んでいる人にとって、この本が少しでも勇気を出すきっかけになってくれたら嬉しいです」と自著に込めた思いを明かしている。

なお、書籍の発売に合わせ、展覧会「魔法少女 山本美月」の開催も決定。東京と地元・福岡で開催されるこの展覧会では、書籍で山本が表現する世界観に実際に触れることができるよう、書籍の内容を立体化する。

書籍『魔法少女 山本美月』はTAC出版より11月4日発売。定価2200円(税別)。展覧会『魔法少女 山本美月』は、東京・池袋会場は10月16日よりPARCO FACTORY(池袋PARCO本館7階)にて、福岡会場は11月13日よりPARCO FACTORY(福岡PARCO本館5階)にて開催。