日本一のブランド米めざしテレビ会議 福島県開発高級米「福、笑い」

©株式会社福島民報社

テレビ会議システムで会議に臨むアドバイザー

 県が開発したオリジナル高級米「福、笑い」のブランド化を担うアドバイザーチームの初会合は九日、福島市のクーラクーリアンテ福島で開かれ、日本一のブランド米の確立に向けた戦略を練った。

 総合アドバイザーを務める県クリエイティブディレクターの箭内道彦さん、東京・南麻布の日本料理店「分とく山」総料理長の野崎洋光さん(古殿町出身)をはじめ、コメの専門家や流通関係者、ブランドコンサルタントら約十人がテレビ会議システムを通じて出席した。高価格と、消費者に愛されるコメを両立する方策や十一月からの先行販売のPR方法などを協議した。

 箭内さんは冒頭、「非常に重要なプロジェクト。作戦を練ってしっかりと進めたい」と語った。