テニス=全米OP女子、セリーナが4強進出を決める

©ロイター

[ニューヨーク 9日 ロイター] - テニスの四大大会、全米オープンは9日、ニューヨークで試合を行い、女子シングルス準々決勝では第3シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)がツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に勝利して4強入りを果たした。

第1セットを4─6で落としたセリーナは、続くセットを6─3、6─2で連取しての逆転勝利となった。

試合後にセリーナは「ここに立つことができて良かった。試合中のある時点では、私がここに立てない状況に近づいていたから」と苦戦を表現した。

また、ナイトセッションの試合ではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)がエリーズ・メルテンス(ベルギー)に勝利し、セリーナと準決勝で対戦することが決まった。