球磨川「流域治水」検討を 九大大学院教授、豪雨検証委に意見書

©株式会社熊本日日新聞社

 7月の豪雨で氾濫した球磨川の治水対策について、九州大大学院の島谷幸宏教授(河川工学)が9日、「流域全体で水害の危険性を減らす『流域治水』を検討するべきだ」とする意見書を、国土交通省と熊本県、流域市町村でつくる球磨川豪雨検証委員会に提出した。

 流域治水は堤防やダムだけに頼らず、貯水池の整備や危険性の高い土地の利用規制などを総動員する考え方。同省が7月に公表した洪水や巨大地震に備える防災・減災総合対策にも盛り込んでいる。

 島谷教授は意見書で「検証委の検討メニューに流域治水対策が明記されていない」と指摘。豪雨時の球磨川の流量を減らすために、支流沿いの田畑などを遊水池として活用し、本流への流入量を減らすなど、流域全体で水害リスクを抑制するよう求めている。上中流域の川幅の拡幅や、甚大な被害が出た右岸の人吉市街地のかさ上げなども提言した。

 島谷教授は「流域治水は環境に優しく、持続可能な地域づくりにつながる。検証委には川辺川ダムがあった場合の効果だけでなく、幅広い治水対策を議論してほしい」と話している。

 蒲島郁夫知事は9日の定例記者会見で、島谷教授の意見書について、「検証委の結果を踏まえて治水対策の検討に入るが、意見書で示された考え方も参考にしたい」と述べた。(隅川俊彦、内田裕之)