韓国、66億ドルの第4次補正を策定へ 小規模企業を支援

©ロイター

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国政府は約66億ドル相当の今年度第4次補正予算策定の準備に入った。新型コロナウイルス危機で苦境にある小規模企業の支援が目的。

経済政策を巡る緊急会合で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「予期しない新型コロナの感染再拡大で景気回復は遅れ、内需・消費関連の経済活動は急速に減退している」と指摘。7兆8000億ウォン(65億8000万ドル)の財政支出を行うと発表した。

韓国は今年、これまでに277兆ウォン(2336億6000万ドル)の景気刺激策を策定している。

予算案を議会が承認すれば、3兆2000億ウォンを小規模企業への現金給付に、1兆4000億ウォンを失業者支援に充てる。さらに、13歳以上の全国民に対して携帯電話料金の補助金を支給する。

補正予算の財源は国債を発行して調達する。