乃木坂46 齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波[イベントレポート]映画『映像研』コラボカフェを堪能!「すごーーい!」「かわいい!」と大喜び

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

乃木坂46 齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波[イベントレポート]映画『映像研』コラボカフェを堪能!「すごーーい!」「かわいい!」と大喜び

乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が、9月10日(木)から10月12日(月)までの期間限定で「TOKYO BOX cafe&space; 表参道ヒルズ店」にオープンする映画『映像研には手を出すな!』のコラボレーションカフェに来店した。本記事ではその模様をお届けする。

【画像はこちら】

先行して来店した齋藤と梅澤は、店内の装飾を見るやいなや“すごーーい!”、“可愛い!”と声を揃えて大喜び。事前予約者限定のカフェオリジナルチケットファイルを渡されると、それぞれ違う種類が当たり“あたしそっちがいい(笑)”などと楽しんでいた。

定員さんにオススメのメニューを聞きつつ、齋藤は、“どっちがいいかな?”、梅澤は“欲張りすぎですかね?”と仲良く相談しながら、齋藤は迷彩リュックパフェ、スケッチブック風フルーツサンド、金森氏:はれやか牛乳、梅澤は、金森氏の激辛コロッケパン、電撃3人娘のパンケーキ、アイスカフェラテを注文。

ドリンクメニューを注文した人にランダムでプレゼントされるカフェオリジナルコースターのくじを引くと、浅草みどり柄を引いた齋藤は“自分を引いた!(笑)”、水崎ツバメ柄を引いた梅澤は“水崎氏引いたー!(笑)”と嬉しそうにはしゃぐ。

そして、『映像研』をイメージしたユニークでどこか懐かしいメニューが到着すると、はれやか牛乳を飲んだ齋藤は“甘い! おいしい!”、激辛コロッケパンを食べた梅澤も“おいしー!”とコメント。

さらに、電撃3人娘のシルエットが描かれたパンケーキを梅澤は、“食べるのもったいない!”と言い、互いに写真を撮り合いながら、コラボカフェを満喫した。

送れて到着した山下も、店内を見て“すごい! 面白い!”と嬉しそうに写真と動画を撮る。メニュー選びは“どうしよう! 最高……!”と迷いつつも、“パンケーキとパフェ頼んじゃお!”と、電撃3人娘のパンケーキ、迷彩リュックパフェ、コーラを注文した。

同じくコースターを引いた山下は、金森さやか柄を引き、“あ! 金森氏だ!”と喜ぶ。その後も“可愛い! 映える!”と嬉しそうに写真を撮り、“おいしすぎる!”とコラボカフェのメニューを楽しんだ。

すでに予約が殺到しているコラボカフェの壁には、この日に3人が書いたファンへ向けたメッセージ入りのサインも。この要注目コラボレーションを、映画と一緒にぜひ楽しんでほしい。

映画『映像研には手を出すな!』コラボレーションカフェにて
映画『映像研には手を出すな!』コラボレーションカフェにて
©2020 「映像研」実写映画化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

映画 『映像研には手を出すな!』 コラボレーションカフェ

◇開催期間/場所

①TOKYO BOX cafe&space; 表参道ヒルズ店/ 2020年9月10日(木)~10月12日(月)

東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号 地下3階

◇予約方法

予約金:¥600(税抜)※予約特典付き

※カフェでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、ソーシャルディスタンスを徹底し、来店者及び従業員のさまざまな安全対策を実施いたします。

詳細はカフェ公式HPにて記載しておりますので、アクセスいただき、ご確認をお願いいたします。

映画『映像研には手を出すな!』

2020年9月25日(金)より全国公開

キャスト:齋藤飛鳥 山下美月 梅澤美波 小西桜子 グレイス・エマ 福本莉子 松﨑亮 桜田ひより 板垣瑞生 赤楚衛二 鈴之助 出合正幸

松本若菜 山中聡 浜辺美波 / 髙嶋政宏

原作:大童澄瞳『映像研には手を出すな!』(小学館『月刊!スピリッツ』連載中)

脚本・監督:英勉

主題歌:乃木坂46「ファンタスティック三色パン」

配給:東宝映像事業部

ストーリー

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松﨑亮)が幹部として運営を司っている。そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。

ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。こうして、電撃3人娘の“最強の世界”を目指す冒険が始まった!!!

©2020 「映像研」実写映画化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館