東京都、感染警戒度を引き下げ

23区内の時短営業は15日解除

©一般社団法人共同通信社

臨時の記者会見をする東京都の小池百合子知事=10日午後、東京都庁

 東京都の小池百合子知事は10日午後、臨時の記者会見を開き、新型コロナウイルス感染者数の減少傾向に基づき、警戒度の指標を4段階のうち最高レベルの「感染が拡大している」から「感染の再拡大に警戒が必要」へ1段階引き下げを表明した。23区内で酒類を提供する飲食店やカラオケ店に対する午後10時閉店の時短要請は期限の今月15日で解除する。

 専門家による10日のモニタリング会議などでの見解を受けた判断。小池氏は時短営業の要請に「感染者の抑制効果が一定程度あった」と述べ、再び経済との両立を図る意向を強調した。

 一方、新規感染者数は276人に上っており、警戒を呼び掛けた。

東京都庁舎