ナインティナイン結成30周年。15年ぶりのネタ披露&「ぐるナイ」伝説の企画も復活!

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で9月10日に放送する「ぐるぐるナインティナイン」(木曜午後7:00)では、ナインティナインの結成30周年を記念した2時間スペシャルをおくる。番組の伝説企画の復活や、ナイナイの15年ぶりとなるネタ披露など、見逃せないラインアップがめじろ押しだ。

「~ゴチになります!21」には、ナイナイと同期で、同じく今年30周年を迎えた博多華丸・大吉がVIPチャレンジャーとして登場。博多華丸・大吉のタイトルコールでナイナイの2人が迎え入れられるという、特別仕様でのオープニングからスタートする。

ゴチのレギュラーメンバーは、“ナイナイの仲をさらに深めてもらおう”をテーマに、それぞれお祝いの企画やプレゼントを用意。千鳥・ノブは「2ショット写真を撮ろう」と提案。若手時代を彷彿とさせる、今では絶対に見られないナイナイの密着ショットが誕生!? 続いて、田中圭、本田翼、NEWS・増田貴久が趣向を凝らしたお祝いを披露。田中発案の「照れちゃ負けよ!愛する相方へぶっちゃけゲーム」では、大吉が華丸の衝撃の行動を暴露する事態に。そんな博多華丸・大吉から「この際だから言いたいことがある」とナイナイに本気のクレームがぶつけられる。

さらに、岡村のラブコールに応えて、新垣結衣がまさかのサプライズ登場。大好きな新垣を前に、岡村は思わず「す…好きです」と気持ちがあふれ出す。「いつまで好きでいてくれるのかな」と疑う新垣に、岡村が発した言葉とは? そして、スペシャルメニューを懸けて挑む「SNSで流行中!キュンですゲーム」の進行を新垣が担当。「キュンです」のポーズをかわいくきめる出演者たちにも注目だ。

そして、今回ナイナイが15年ぶりにネタを披露。デビュー翌年に受賞した「第12回今宮こどもえびす新人漫才コンクールこども大賞」をはじめ、数々の賞を受賞してきたナイナイ。若くしてネタの実力を認められ、かつては9月9日を「ナインティナインの日」としてお笑いライブを開催するなど、精力的にネタを発信していた。

今回の企画を提案された2人は、「恥かくよ」「震えるわ」と後ずさり。その上、超VIPお祝いゲストとして、ナイナイが“東京のお父さん”と慕う、大先輩・タモリが観客として駆けつけることに。恩人に恥ずかしいものは見せられないと、若き日のネタから自信作をチョイス。果たして無事にコントを披露することができるのか。そして、気になるタモリの反応は!? ここでしか見られない、ナイナイとタモリの貴重な3ショットトークも公開。衝撃発言も連発する。

番組の伝説企画「ふんどしファイヤー」も、令和の時代にまさかの復活。長さ20mのふんどしに火を付け、迫りくる炎を一番ギリギリまで耐えてプールに飛び込んだ人が勝利という、まさに体を張った対決。今大人気のお笑い第7世代、霜降り明星とぺこぱの2組が対戦相手となり、ナイナイとガチバトルを繰り広げる。「今日はもうやってやりますよ」と矢部が啖呵(たんか)を切ると、霜降り明星・粗品は「先輩に負けてられないですよ」と対抗心をむき出しにする。見届け人として、TOKIOの国分太一が登場する。

ふんどしを締めた矢部は、久々の体を張った企画に「ゾクゾクするよ!」と余裕の発言。岡村は「第7世代にビビってるところは見せられへん」と冷静な表情。対決では、ふんどしを伝って迫りくる炎にビビる芸人たちが、必死のダッシュを見せる。口ほどにもなく真っ先に逃げ出す芸人とは一体!? 勝敗はビデオ判定にもつれこむ大混戦に。最後はまさかの展開が待ち受けている。