保育園児が植えたニンジンとイモ 大量に盗まれる

©HTB北海道テレビ放送株式会社

道東の弟子屈町の保育園で、園児が植えて収穫を楽しみにしていたニンジンやジャガイモが盗まれていたことが分かりました。

8日、弟子屈町立川湯保育園の敷地内にある菜園で、ニンジンおよそ50本とジャガイモもおよそ50株が無くなっているのを保育園の職員が見つけました。野菜は春に園児が植えたもので、収穫を迎える直前だったということです。弟子屈町は「毎年収穫した野菜で作ったカレーを園児が食べている。盗まれたのだとしたら誠に遺憾」と話しています。警察は現場の状況から動物による食害ではなく、何者かに盗まれた窃盗事件の可能性が高いとみて調べています。

(c)HTB