大坂なおみと戦うブレイディはどんな選手?「才能ある、大きな脅威」と警戒【全米オープン準決勝】

©ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

テニス全米オープンは9月11日朝(日本時間)、女子シングルス準決勝が開かれる。

2度目の優勝を狙う大坂なおみ選手は、アメリカのジェニファー・ブレイディ選手と戦う。

ブレイディ選手はどんな選手なのか。過去の対戦戦績やこれまでの歩みなどを紹介する。

大学からプロ転向。直接対決は一勝一敗。

ブレイディ選手は世界ランク41位の25歳。世界ランクや実績は大坂選手の方が格上だが、過去2度対戦し、一勝一敗の五分の戦績だ

ブレイディ選手は、過去のグランドスラム(全米、全豪、全仏、ウィンブルドンの4大大会)最高成績がベスト16。この全米OPで自己ベストを塗り替え、初めて準決勝まで駒を進めた。

ここまでの5試合、全てストレート勝ちしている。

直前8月のトップシードOPで優勝し、WTA(女子テニス協会)トーナメントで自身初のタイトルを獲得。

今季は自己ベストシーズンと言え、まさに勢いに乗っている。

ブレイディ選手は、他のプロ選手とは少し異なるキャリアを歩んできた。

多くの選手が早くからプロ入りする中で、大学進学を選んだ。アメリカの強豪カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で2年間プレーし、2014年にはNCAA(全米大学体育協会)トーナメント優勝に大きく貢献。2015年にプロに転向した。

その時のことを、こう振り返っている。

「大学進学した時、次のステージで他の(プロ)選手たちと戦う準備ができていなかった。私にとって大学は大きな存在。コート内外でたくさんのことを経験して、人としても成長した。UCLAに行く決断をしたのは本当に良かった」

大学でプレーした女性選手としては、1994年以来の全米OPベスト8入りを果たした

準決勝進出を決めた試合後のインタビューで、次のように意気込みを語った。

「自分のことに集中して、自分がどんなポジションにいるのかや、グランドスラムの準決勝を戦うということなど、あまり先のことを考えないようにしないといけない。1ポイントづつ取ることを心掛けていく。感情をコントロールして、あまり高まり過ぎないようにしないと」

大坂選手は、ブレンディ選手について「これまでの試合と同様、とても才能あふれる選手との戦いになると感じている。彼女の試合を見たが、大きな脅威になる」と記者会見で語っている

試合時間と視聴方法は?

試合時間:11日午前8時ごろ(日本時間)開始予定。

視聴方法:WOWOW(7時50分からライブ方法)