木下優樹菜“フォロワー買収”疑惑再び! 消えた500万人の謎…

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

タピオカドリンク店への恫喝騒動で、今年7月に芸能界を電撃引退した木下優樹菜。9月1日にインスタグラムを新たに開設して一部からヒンシュクを買っているようだが、ネット上では〝ある疑惑〟も浮上している。

新アカウントでの初投稿は、《木下組のみんなへ》としたファンへのメッセージ。《木下組とリモートで会うことにしたよーーー》《みんなに感謝の気持ちを直接》などと、ファンと交流することも示唆している。その後の投稿でも、ファンから届いた手紙を公開するなど、ファン推しが凄まじい。なお、騒動に関する謝罪などは一切ない。

これにネット上では、

《やり直しのチャンスは必要ですが、まずは反省と謙虚さではないでしょうか》
《ファンのためって何? まだ芸能人気取りなの?》
《取材攻勢を避けるために一般人になったはずなのに、ファンのためにインスタ開設って…》

などと、呆れ声が飛び交っている。

「9月9日時点で、木下のインスタフォロワー数は約26万。開設から1週間そこそこで、ここまで数字を伸ばしていることは驚きですが、木下の前アカウントには、530万以上のフォロワーがいました。それだけに、見劣りする数字となっていますね」(芸能記者)

「監視対象としてフォローしてる人が多そう」

このフォロワー数に関するツッコミは多く、ネット上では、

《20万もこいつをフォローすることに驚きだわ》
《フォロワーまた買ったのかな?》
《ファンというか監視対象としてフォローしてる人が多そう》

などといった声が上がっている。

「以前、木下には、フォロワーを買っているというウワサが浮上していました。というのも、木下は海外で知名度はなく、投稿もほとんど日本語にもかかわらず、なぜかフォロワーに英語圏の外国人ユーザーがやたらと多かったのです。投稿に対する〝いいね〟の数も、530万の割に少ないことが、ウワサが強まるきっかけとなりましたね」(同・記者)

芸能人はフォロワーに応じてプロモーション投稿のお値段が違うというが、果たして、木下には今、いくらの価値があるのだろうか。