価値観が合わない彼氏と別れる前に試したい対処法6つ

©株式会社大新社

価値観が合わないカップルは、世の中にたくさんいます。それでも、別れるカップルと別れないカップルがいるのは、なぜなのでしょうか。不思議ですよね。好きだけど価値観が合わないとき、あなたならどうしますか?悩んでいるなら、それは彼と別れたくない気持ちがある証拠。別れる前に、まずは6つの対処法を試してみて。

好きなのに価値観が合わないなら、歩み寄るしかない

価値観が合わない彼氏と別れないためには、あなた自身が彼に歩み寄ることが最も手っ取り早いといえるでしょう。
なぜなら、人の考え方を変えるためには、自分を変える以上に大きな労力を必要とするから。自分の考え方を変えてしまったほうが、かなりラクなのです。
そうはいっても、自分を変えることだって相当に難しいことですよね。それでも、彼のことが好きならば、努力をしてみる価値はあると思いませんか?
ここで踏ん張ることができれば、お付き合いを長続きさせるとともに、結婚への距離もグッと縮まることでしょう。

価値観が合わない彼氏と別れる前に試したい対処法6つ

自分を変えるためのコツと、彼氏に別れたくないと思わせるコツ。それをつかめれば、価値観を理由に別れる可能性はグッと減ります。せっかくつながった縁を大切にするため、別れを決断するその前に、試してみてはいかがでしょうか。

(1)歩み寄る姿勢を見せる

大切なのは、相手に対して歩み寄る意志を示すことです。「私の価値観は曲げない!」そんな意志が伝わってしまえば、彼だってかたくなになってしまうものですよ。
具体的には、まず彼の話を聞くこと。否定したくなっても、まずは否定せずに最後まで彼の話をしっかり聞きましょう。そして彼の価値観じたいも否定せずに自分の考えを伝えることが大切です。相手の価値観を認めることが、歩み寄りへの第一歩ですよ。

(2)お互いの不満を明らかにする

価値観の違いによって生じた不満を、お互いにしっかり把握できていないカップルは意外にも多いものです。しかしお互いの不満がわからなければ、解決方法を探ることすらまともにできません。
不満は、可視化することで対処がしやすくなるもの。なぜなら頭で考えているよりも、客観的な視点で問題点を見つめやすくなるからです。最初は自分の不満だけでもいいので、書き出してみることをオススメします。

(3)論理的な解決方法を考える

価値観の違いによってぶつかると、女性はつい感情的になってしまいがち。例えば、「好きなら合わせてよ!」だとか、「愛してるならできるよね」といった言葉。これがよくある感情論というものです。
価値観の違いを乗り越えながらも付き合っていくためには、生じた不満に対して、論理的かつ具体的な解決策を考えなければなりません。例えば、家事分担に対する価値観が合わないなら、家事・仕事にかかる時間や収入を明確にし、お互いの不満も明確にした上で、妥協点を探ったり、どうすれば不満を解消できるかを話し合ったりしてみましょう。

(4)ルールを作る

解決方法を考えたら、それをルールとして定め、カップル間で運用していくのもいい方法です。
大切なのは、ふたりでルールを決めるということ。人が決めたルールではなく、自分たちで決めたルールというのは、なんとか守りたいと思うものです。
そしてそのルールは、お互いを縛り、監視するためのものではなく、ふたりの関係を良くするためのものだということは認識しておきましょう。たかが認識、と思うかもしれませんが、何のためにつくったルールなのかを明確にしておくことは、お互いが関係を良くしていく、という意識を持つために大切なものですよ。

(5)目標を共有しておく

あなたが持っている目標はなんですか? 職場で出世する、スキルアップする、彼と結婚するなど、いくつあっても構いません。持っている目標を共有しておくことは、ふたりの未来像をつくる上で非常に大切なポイントとなってきます。
今ぶち当たっている価値観の違いという問題も、大きな将来に比べたら、大した問題じゃないなと思えることだってあります。これからの未来をふたりで歩んでいく。幸せな将来を想像して、前向きに価値観の違いを埋めていきましょう。

(6)ポジティブなワードを言葉に出すようにする

「ありがとう」、「うれしい」などのポジティブな言葉は、意識的に口に出すように心がけましょう。大きな価値観の違いはあっても、しっかりポジティブな言葉を口にしていることで、相手からの印象はいいものに変わっていきますよ。
合わない部分はあるけれど、前向きな気分で一緒に過ごしていける。そんなパートナーは、人生を一緒に歩んでいく上でも、大切にしたいと思われることでしょう。

価値観が合わなくて別れるべき相手とは

好きな相手であれば、価値観が合わなくてもうまくやっていきたいと思うものですが、別れたほうがいい相手も存在します。それは、まったく自分に歩み寄ろうとしない男性です。
歩み寄ろう、という気を見せない男性は、ずっと変わることはありません。常に自分が中心で、自分に合わせてくれる人しか周りに置かないのです。
そんな人と過ごす未来は、非常に窮屈になることが予想されます。別れはつらいものですが、その先に幸せがあると信じて進んでいきたいものです。

価値観がぴったり合う人なんて、なかなか存在しません。多くのカップルや夫婦は、価値観の違いを乗り越え、時には妥協しながら過ごしているもの。価値観が違っても、すぐに別れは選択せず、価値観の違いを乗り越えるための努力をしてみてはいかがでしょうか。