「WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休」特報映像で寝起き姿を公開!

©株式会社ジェイプレス社

(C)「竹内涼真の撮休」製作委員会

ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか。知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、大好評を博した「有村架純の撮休」は2020年3月~5月に放送された。架空の休日を描いた、8つのストーリーを役者本人が演じるというこれまでにない一話完結の新企画オムニバスドラマが「面白すぎる!」と話題をさらい、メディアからも高い評価を得た。

ドラマを見た視聴者からは「シリーズ作品にして欲しい!」と熱烈な声が上がる中、WOWOWでは気鋭監督・脚本家たちが描く異色ドラマの第2弾WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」を11月6日(金)深夜0時より放送する。シリーズ第2弾注目の主演を演じるのは、ドラマ・映画と連動して映像化された「太陽は動かない」で諜報組織のエージェントを演じるなど目覚ましい活躍を見せ、人気・実力ともにトップクラスの若手俳優、竹内涼真!WOWOW初の主演を飾る。

そんな竹内の撮休を描く今作、監督を務めるのは、映画『ここは退屈迎えに来て』『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの作品を手掛け、恋愛映画の名手と言われる廣木隆一、ドラマ「全裸監督」などを演出した内田英治、そして現役の慶應義塾大生であり、映画、ドラマ、MVを手掛ける松本花奈。第1話の脚本を担当するのは、ドラマ初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜。ほかにも、ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の構成を手掛けた竹村武司、前作に引き続き参加するペヤンヌマキ、ふじきみつ彦ら個性的な脚本家たちが集結した。ある時はスパイス屋でセクシーな女店主と出会ったり、ある時は妹と人生を語ったり、ある時は同級生とバーベキューをしたり…、パラレルな物語として展開。クリエイターが作り上げていく8つの妄想炸裂ストーリーに注目だ!

(C)「竹内涼真の撮休」製作委員会

今回解禁となった特報映像はシリーズ第1弾「有村架純の撮休」でも好評だった、撮休となった理由を明らかするオープニングの一幕。撮影の合間に仮眠室で眠る竹内涼真にマネージャーが撮休を伝えると、寝ぼけまなこでOKのサインをするも事態が把握できず慌てふためくといった、思わずクスッと笑みがこぼれる内容となっている。オープニングは全話を通して内田英治監督が担当する。さらにバージョンアップしてバリエーション豊かになった各話のオープニングにも注目だ。本作は7月10日から8月28日の約1ヶ月半の撮影を終えて無事にクランクアップ!日々の撮影を楽しんでいた竹内涼真も満面の笑みで撮影を終えた。

■WOWOW オリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」/特報映像(15 秒)

配信期間:2020/09/10 11:00~2020/11/07 00:30

<ストーリー>

とあるスパイスの店を訪れた撮休中の竹内涼真。「スパイスカレーを作りたい」という竹内に、女性店主の薫は、スパイスの指南をする。そしてあることがきっかけで、2人は一緒にカレーを作ることに。そこに突然、男がやって来るのだが…。(第1話「薫るスパイスカレー」より)監督:廣木隆一(『ここは退屈迎えに来て』)、内田英治(「全裸監督」)、松本花奈(「平成物語」)脚本:狗飼恭子(『ストロベリーショートケイクス』)、ぺヤンヌマキ(演劇ユニット「ブス会*」主宰)、ふじきみつ彦(「バイプレイヤーズ」シリーズ)、舘そらみ(「来世ではちゃんとします」)、松本哲也(「WOWOW映画の日特別ドラマ NO MOVIE,NO LIFE」)、玉田真也(玉田企画主宰)、竹村武司(「山田孝之の東京都北区赤羽」)、首藤凜(『なっちゃんはまだ新宿』)

出演:竹内涼真 ほか

音楽:つじあやの

制作協力:ホリプロ

製作:「竹内涼真の撮休」製作委員会

特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/satsukyu2/

*提供画像 「竹内涼真の撮休」製作委員会