プレミアム率100% 守谷市の「モリヤガーレ商品券」、10月販売 高齢者には1万円分支給も

©株式会社茨城新聞社

守谷市が発行するプレミアム商品券のイメージ

新型コロナウイルスの影響を受けた市民と事業者支援へ、守谷市は1冊1万円分を5千円で購入できる市民対象のプレミアム付き「モリヤガーレ商品券」を来月から販売する。また、市内の75歳以上には1冊1万円分の「いきいきシニア王国商品券」を今月から支給する。市は「プレミアム率100%の商品券、高齢者への1万円分支給はそうはない。支援の一つになれば」と話している。

モリヤガーレ商品券の購入対象者は、8月1日現在で市の住民基本台帳に登録されている世帯主(約2万9千世帯)で、1冊購入できる。対象者に発送される引換券を特設販売所(イオンタウン守谷、守谷テラスに設置、10月3〜11日)か、市内の5郵便局(同6〜30日、土日除く)、市役所経済課(同12〜30日、土日除く)に持参し購入する。商品券の利用は12月末まで。

シニア商品券は8月1日現在で住民基本台帳に登録されている人のうち、昭和21年4月1日までに生まれた人が対象(約7千人)で、月内に順次郵送される。利用期間は同じく12月末。

両商品券とも、券面額500円の商品券20枚つづり。全店共通で使用できる券8枚、中小店で使用できる券12枚となっている。利用店舗は同市内の大型店10店を含む登録店約400店舗(美理容などのサービス業含む)を予定している。

市は併せて、商品券を取り扱う事業者を30日まで募集している。要件は市内で営業し、県の「いばらきアマビエちゃん」に登録している事業所。また、市はコロナ対策を取った事業所には最大5万円を補助する。

販売や応募に関する問い合わせは市経済課(電)0297(45)1111