ユーロ圏「相当な金融緩和」必要、資産買取の維持に重点=レーン理事

©ロイター

[フランクフルト 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼チーフエコノミストは11日、域内の物価動向に十分な勢いが見られず、引き続き「相当な金融緩和」が必要になるという認識を示した。

レーン氏はオンライン会合で「ECBは資産買い取りプログラムの維持に重点を置いている」と語った。