【MLB】田中将大、5回3安打1失点で2勝目 ツーシーム多投「今年ほとんど投げなかったボール」

©株式会社Creative2

本拠地でのオリオールズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

第1戦はコールが完封で5勝目、第2戦は田中が5回1失点で2勝目を挙げチームは3連勝

■ヤンキース 10-1 オリオールズ(日本時間12日・ニューヨーク)

ヤンキースの田中将大投手が11日(日本時間12日)、本拠地でのオリオールズとのダブルヘッダー第2試合(7イニング制)に先発。5回3安打5奪三振1失点の好投で今季2勝目をマーク。チームを3連勝に導いた田中は試合後「今日一番良かったのは間違いなくツーシーム」と語った。

田中は初回にDJ・スチュワートにソロを浴びいきなり1点を失い、2回も無死一、二塁のピンチを背負ったがアルベルトを右飛、デービス、シスコを連続三振に仕留め無失点。その後も3回から5回まで3イニング連続3者凡退と完全に立ち直り12打者連続でアウトを奪う快投を見せた。

打線も初回にトーレス、アンドゥハーの連続適時打などでこの回一挙4点を奪い逆転に成功すると、4回にはボイトの15号3ラン、5回には再びボイトが16号3ランを放ち田中を援護した。

5回1失点、91球で2勝目を挙げた田中は試合後に「今日一番良かったのは間違いなくツーシーム。今年ほとんど投げてなかったボール、有効に使えた」と語った。ツーシームの多投については「フォーシームがそこまで良くなかった。ツーシームがいい動きして良いコマンドで投げられていた。相手も前回対戦であまり見ていない。打者の反応も見て、数多く投げました」と明かしていた。(Full-Count編集部)