20日から沖縄高校野球秋季大会 62校55チーム熱戦 保護者らは入場可

©株式会社琉球新報社

 第70回県高校野球秋季大会の抽選会が11日、北中城村立中央公民館で行われ、1回戦23試合の対戦カードが決定した。真和志と沖縄高専、那覇工は出場辞退し、62校55チームが出場する。開幕は20日。新型コロナウイルスの感染症予防のため開会式は行わない。保護者や関係者のみが入場可能。準決勝は10月10日午前10時から、決勝は同11日午後1時から、両日ともコザしんきんスタジアムで予定している。

 連合出場は(1)南部商、美里、陽明(2)開邦、南部農林、久米島、辺土名(3)八重山商工、宮古工、宮古総実―の3チーム。那覇西は糸満の選手を入れて出場する。

 秋季のシードを決める県新人中央大会が中止となったためシードは置かず、9校が2回戦からの登場。コザしんきんのほか、沖縄セルラースタジアム那覇、アグレスタジアム北谷の3球場を使用する。スタンドでは鳴り物や声援の禁止など感染予防策を取る。今後、県内の感染状況を見極め、一般入場についても検討する。

 上位2校は、来春の全国選抜大会出場の選考資料となる、第147回九州地区大会(10月31日~11月6日、長崎県)に派遣される。