楽天・渡辺直人、今季限りで引退

「松坂世代」の一人

©一般社団法人共同通信社

楽天の渡辺直人内野手

 楽天は12日、渡辺直人内野手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。1980年生まれの「松坂世代」で、14年目の今季は1軍打撃コーチを兼任していたが、試合出場はなかった。

 渡辺直は茨城・牛久高から城西大、三菱ふそう川崎を経て2007年に大学生・社会人ドラフト5巡目で楽天に入団。11年に横浜(現DeNA)へ移籍、13年途中から西武でプレーし、18年から楽天に復帰していた。通算成績は1134試合に出場し、打率2割5分9厘、7本塁打、229打点。