GENERATIONS白濱&小森が踊る理由「メンバーのため」「音楽が支えてくれた」

©株式会社マイナビ

ダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが12日、日本テレビ系大型音楽特番『THE MUSIC DAY』(14:55~22:54)に出演し、「You & I」を披露した。

コロナ禍で変化したことを聞くと、白濱亜嵐は「会えなかった時期はなにかしら(メンバーと)リモート会議をやったりとか、特に話題がなくても画面を通してコミュニケーションをとるようにはしていましたね。逆にそれで慣れた部分もあるので、今もリモートで(会議を)やっています」と回答。

白濱に「リモート多いよね?」と振られた小森隼は「多いですね。リモートって聞き慣れないワードではあったんですが、日常の中に入ってきて。最初は戸惑いがあったんですけど、僕たち自身もグループを結成してから7人の輪を大事にしてきたので、コミュニケーションを絶やさないというツールの1つとしてリモートでも会話は続けていますね」と明かした。

今回披露した「You & I」について、白濱は「パッと聴くと恋愛の歌詞かなと思うのですが、様々な捉えようのある歌詞で、家族だったり恋人だったり友達だったり、(様々な)大切な人に向かって歌うという捉え方ができるので、この曲は友達や家族とも聴いてほしいです。また、僕らも改めて応援してくれる皆様とのつながりを再認識できた曲でもあります」とのこと。

小森は「あなたにとってのYouってなんですか、という思いを込めています。そのYouは友達でもいいし恋人でもいいし、もしかしたら今後来る明るい未来かもしれないですし、人にはそれぞれ大切なものがあるので」と話した。

そして、「人はなぜ歌うのか」という番組テーマにちなみ、2人が“なぜ踊るのか”という点も聞いてみると、白濱は「GENERATIONSは全員がEXPG STUDIOの卒業生なので、僕ら卒業生がこうやって全員テレビに出ることもそうですし、ドームツアーができるのも本当に夢のようなことですし、純粋にダンスが好きで続けていたら、素敵な仲間に出会えたと思っています。メンバーのために踊っている思いはすごくありますね」と込めた気持ちをコメント。

それを受け、小森は「新型コロナウイルスの影響で僕たち自身もライブが中止になったり、学生たちはインターハイが中止になったり、中止という言葉がすごく日常になってしまったと思うんですが、音楽が支えてくれてたなって改めて感じる部分もあります。学生の時や二十歳になりたての時なども、振り返れば音楽を聴いて踊っていたし、一緒に人生を歩んでいくものが音楽だなと思います」と語った。

例年7月上旬に放送してきた同番組だが、新型コロナウイルスの影響で、今年は9月に放送。「人はなぜ歌うのか?」をテーマに、元気を届けるため、愛を伝えるため、いつの時代もいろんな想いを歌で届けるアーティストが集結する。